2006年01月15日

篠山市辻の四本杉06.1.8

兵庫県篠山市辻 稲荷神社の四本杉

静かな神社の入り口で、猟銃を手に山を下りて来た二人づれに出会いました。
「イノシシがおったらええけど、鹿ばっかりや」
とのこと。本物の狩人を初めて見ました。

よく見ると付近一帯動物よけの電線が張り巡らされています。

四本に分かれた幹が高くそびえる大杉は見事。
特に雪景色の中、厳しい表情に見えました。

■樹高:30m 幹周:9m 推定樹齢:700年 郷土記念物

115-1529_IMG.jpg  115-1530_IMG.jpg


巨木写真 辻の4本杉もぜひご覧下さい






posted by yuko at 02:38| Comment(6) | TrackBack(0) | 2006年1月の巨木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

藤坂の大カツラ 2006.1.8

兵庫県篠山市 藤坂の大カツラ

陽が上がってきたので、そろそろ路面も溶けてきたかも。
やっぱり山を越えて藤坂の大カツラを訪ねることにします。

車窓の風景はまるでスキーにいくかのような雪景色。
大丈夫かしら?

115-1510_IMG.jpgずっとこんな景色が続きます。

途中、凍結したところもありましたが、なんとかカツラへの登り口に到着。
ところが、人の歩かない山への道は膝まで積雪が…。

「こら、あかんわ。」と、主人。
二人とも普通のスニーカー、準備が甘かったな。
「長靴、もって来たらばよかったねぇ」
どんよりと山を下り始めたところ、神様ありがとう!
「暮らしの百貨」のお店に遭遇しました。

27cm1380円と24cm980円の長靴に靴用カイロを購入(^^)
急いで引き返します。

115-1514_IMG.jpg 不審者に注意!

私は主人が踏みしめてくれた後を歩きましたが、それでも歩きづらい雪道。
でも、なんだか楽しくてがんばって登ります。

山に入ると、道が二手に分かれていました。
カツラは水源にあるはず。
小川に沿った細い道を進みます。
まだ?まだ?息もきれてきた頃、カツラが姿を現しました。
「おっ、お〜」二人ともしばし見とれ、言葉も出ません。

雪の中、何本もの幹を高く伸ばした姿は神々しく、
静かで、真っ白なそれは美しい世界でした。

本当に逢えてよかった。

■樹高:30m 幹周:12m 兵庫県指定天然記念物

115-1516_IMG.jpg

115-1518_IMG.jpg  115-1524_IMG.jpg

巨木写真 藤坂大カツラでもっとすばらしい写真をご覧下さい




posted by yuko at 01:54| Comment(4) | TrackBack(1) | 2006年1月の巨木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

能勢町 安穏寺の大銀杏 06.1.8 

大阪府豊能郡能勢町倉垣 安穏寺の大銀杏

2006年初の巨木は「藤坂の大カツラ」と決め、朝6時半に家を出ました。

ところが、この日は全国的な大雪の予報、
途中173号線は「凍結の為普通タイヤは通行不可」の表示が。

「え〜っ、せっかく早く出てきたのに…」

あきらめるのも悔しく、能勢に廻って
前回見つけられなかった大銀杏に行くことになりました。

11月に野間のけやきを訪ねたとき、地元の方が「すごい銀杏がある」
と教えて下さったのですが、見つけられなかったのです。

それが最近、主人のサイトを見て下さった
ikimonodaisukiの管理人さんが道を教えて下さいました。ありがとう!

細く急な坂道を登りきるとお寺の塀の際に「すごい銀杏」が現れました。
根元から六本に分かれた幹がそれぞれまっすぐに伸びています。

とても勢いのある樹でした。
黄色い葉がいっぱいの頃、ぜひ訪れたいと思います。

帰り道、凍った坂道ですってんころりん、しりもちをつきました。



114-1498_IMG.jpg  115-1506_IMG.jpg
posted by yuko at 18:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 2006年1月の巨木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。