2006年01月14日

延命寺の夕照モミジ2005.12.01

大阪府河内長野市神が丘 延命寺の夕照モミジ

紅葉の時期が気になりながら出そびれ、12月になってしまいました。
きれいなモミジが残っていますように。

河内長野市の延命寺は弘法大師が開いたといわれる古いお寺です。
普段は静かな山寺なのでしょうけれど、紅葉狩りやハイキングの方で賑やかでした。

大師お手植えといわれる(!)カエデの古木
「夕照(ゆうばえ)モミジ」
夕日に映える姿が美しいことからこう呼ばれるそうです。
残念ながら葉はほとんど散ってしまっていました。

根元から2本に分かれた幹は太く苔むしていかにも「老木」です。
けれどその幹から若い枝も伸びていて、もう少し早くきていたら
きっと、見事な紅葉を見られただろうと思います。

114-1442_IMG.jpg
■樹高:約9m 幹周5m 推定樹齢1000年 大阪府指定天然記念物

延命寺は他にもたくさんのモミジがあります。
夕照モミジから石段を登ったところに蓮池があって、
「この池にモミジが映るときれいなんやが」と地元のおじさんが教えてくれました。
(こちらも残念なことに池は干上がっていましたが。)

114-1444_IMG.jpg

いい紅葉狩りができました。

巨木写真・延命寺の夕映えモミジもぜひご覧下さい


posted by yuko at 02:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 2005年12月の巨木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

延命寺の夕照もみじ
Excerpt: 流谷八幡神社のイチョウを目的に河内長野市・天見まで行きましたが、駅2つ行った美加の台って所のお寺にカエデの巨木もあるそうで、行ってみました。ここは、天見と違って結構な開拓地でした(^^; 延命寺..
Weblog: ikimonodaisuki !
Tracked: 2006-09-22 22:31
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。